ローンの問題から賃貸マンションを選択する人も

一戸建てのローン支払いを計算してみよう

昨今、日本人の価値観は多様なものになってきており、住居に関する価値観も人それぞれ大きく異なっています。
しかし、多くの人に共通していることとしては、仕事場に行く際の利便性の高さや近所付き合いの気楽さを求める傾向がみられます。
日本人の美徳として、社会人になって長く経った場合には頭金を揃えて新築の一戸建て住宅を購入するということがみられました。
新築の一戸建て住宅を購入するためには一括払いということは難しいために、基本的には銀行から融資を受けて25年から40年程度で返済を行ってゆくことになります。
この住宅ローンの利息というものも高額になることがあるために、時には家計を大きく圧迫することとなり、経済的に苦しい状況に陥る傾向があります。

将来が見通せない時代だからこそ高級賃貸が求められる

そのため、企業の先行きが不透明になりつつある現代の日本のなかでは、いつリストラの対象となったり、ボーナスが支給されなくなるかわからないために、住宅ローンを組むことを躊躇する人が急増しているといわれています。
そのため、経済的なリスクの少ない賃貸のマンションに積極的に居住している人が増加しています。

不動産購入ほど人生を縛られないのがポイント

賃貸マンションは、資産価値がないものの、何よりも初期費用がほとんど必要ないことから、保証人と毎月の家賃さえ整っていれば居住をすることが可能です。
また、全国転勤や海外転勤の可能性が高い職業に就いている人にとっては賃貸マンションのほうが利便性が高いこととされています。
そうした中、高級賃貸マンションに人気が沸騰しています。
高級賃貸マンションは大手のハウスメーカーが積極的に利用をアピールしており、富裕層の人はもちろん、一般の消費者にも経済的に優しい物件が数多く登場しています。